【節約術と介護について学ぶ!】公的支出削減と税金の知識を活かした家族信託の活用方法

老後の生活を豊かにするファイナンシャルプランニング

軽度の認知症の親を介護支援する娘夫婦へ

認知症の親を介護していると、介護費用の負担が大きな問題となります。介護保険の給付だけでは足りず、自己負担が増えてしまうことも少なくありません。また、介護費用の負担だけでなく、親の財産をどのように管理していくかも悩みの種です。

このような問題を解決する方法のひとつとして、家族信託の活用が挙げられます。家族信託とは、委託者(親)が受託者(子)に財産を託し、受託者が委託者の意向に従って財産を管理・運用する仕組みです。家族信託を活用することで、以下のメリットが期待できます。

  • 公的支出の削減
  • 税金対策
  • 資産承継の円滑化

公的支出の削減

家族信託を活用することで、介護保険の給付対象となる財産を減らすことができます。例えば、親名義の住宅を家族信託の対象財産にした場合、住宅は受託者の財産となり、親の財産から除外されます。これにより、親の資産が一定額を下回れば、介護保険の給付対象となり、自己負担額を減らすことができます。

税金対策

家族信託を活用することで、贈与税や相続税の節税効果が期待できます。例えば、親名義の株式を家族信託の対象財産にした場合、株式は受託者の財産となり、親の財産から除外されます。これにより、親の財産を減らすことができ、贈与税や相続税の課税対象となる金額を減らすことができます。

資産承継の円滑化

家族信託を活用することで、親の死後に遺産分割トラブルを回避することができます。家族信託契約には、親の死後の財産の帰属先を定めることができます。これにより、親の死後に遺産分割協議を行う必要がなくなり、トラブルを未然に防ぐことができます。

家族信託の活用にあたっての注意点

家族信託を活用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 家族信託契約は、公正証書で作成する必要がある。
  • 家族信託契約には、委託者、受託者、受益者の役割や権限を明確に記載する必要がある。
  • 家族信託は、委託者の意思を尊重した上で運用する必要がある。

まとめ

家族信託は、介護費用の負担や資産管理の煩わしさを軽減できる有効な手段です。ただし、家族信託を活用する際には、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

軽度の認知症の親を介護している娘夫婦は、家族信託を活用することで、以下のようなメリットを享受できる可能性があります。

  • 介護保険の給付対象となる財産を減らし、自己負担額を減らすことができる。
  • 贈与税や相続税の節税効果が期待できる。
  • 親の死後に遺産分割トラブルを回避することができる。

家族信託を活用することを検討している場合は、早めに専門家に相談することをおすすめします。

投稿者プロフィール

村井一則
村井一則ノーリエFP事務所 代表
ファイナンシャルプランナーとして10年以上の経験を持ち、借金問題や公的支出診断に特化したファイナンシャルプランナーとして、自身の経験を活かした親身な相談と、ライフプランニングや資産運用に関するアドバイスを提供する
記事では、自身の経験や知識を活かして、読者の経済的な不安を解消するための情報を発信している

関連記事

  1. フリーランスの本音

    2024年秋に施行 フリーランス保護法

  2. 国税還付金通知書

    公的支出を見直そう!税金・介護サービス費などを徹底診断、FP事務所が教える支出削減術とは?還付金も狙える!

  3. 皆さん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの村井です。今回は、日本の皆様にお伝えしたい大切な情報があります。それは、「賢約サポート」についてです。この公的支出診断サービスは、我々の未来を見据えた賢いライフプランニングに欠かせないものとなっています。

    「賢約サポートで未来の安心を築こう!公的支出診断サービスのススメ」

  4. 1. クレジットカードを選ぶポイント 年会費:無料のカードや年会費が安いカードを選ぶ ポイント還元率:利用金額に応じてポイントが還元される割合 付帯サービス:旅行保険やショッピング保険など 2. クレジットカードの使い方 利用限度額を把握する:利用限度額を超えて利用しない 毎月の利用明細をチェックする:利用金額や利用先を把握 利用金額を全額返済する:支払期日までに全額返済 3. クレジットカードの活用術 ポイントを貯めてお得に買い物する:ポイントを現金や商品券に交換 付帯サービスを活用する:旅行やショッピングを安心・快適に 家計管理に役立てる:利用明細を分析して節約

    ファイナンシャルプランナーが教える クレジットカードの選び方と使い方

  5. 【認知症と税金の関係】介護負担を減らすために必要なFP事務所と任意後見制度の活用法